読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾=宝島×鬼島 滞在記

台湾企業で働く日本人が台湾についてテキトーに語るブログ

YOUは何しに台湾に?-親日以外の台湾の魅力を語ってみる- その1

少し前に「台湾は親日だから好き(いい国)という意見がイケてない3つの理由」というブログ記事が話題になっていたので、自分もこのテーマについてちょっと書こうと思います。

 

細かい内容はぜひ元記事を読んでいただければと思いますが、タイトルにある3つの理由は「誰でもよさそうに聞こえる」「台湾のことを褒めているようで、日本人のプライドを満足させているだけ」「中韓を罵倒するために台湾を利用している」という内容です。自分もツイッター(@atw01)で似たようなことを書いた覚えがあって、ある程度長く台湾に関わってる人間なら似たような感想は抱く方も結構いるんじゃないかと思ったりしました。

 

■「3次元アリ」になろう

 

とはいえ、そういう日本人にはある程度「勝手にやらせておけばいい」というのが、自分の結論です。かつては自分も怒りを感じましたが、ああいう人たちって大概「自分が見たいものしか見ようとしない、都合の悪いことは見たくない人」なわけで、そんな人たちに怒ったりするのはエネルギーの無駄だと今では思ってます。

 

自分としては、そういうことにエネルギー使うくらいなら、もう少し脳みその柔らかい人たちに「親日以外の台湾の魅力」を語ったほうが前向きだと思うわけです。このブログもそういった思いから立ち上がってたりします。

 

例えるなら、マンガ「宇宙兄弟」にあった「3次元アリ」(詳しくは下の動画参照)みたいに、台湾を親日反日みたいな2次元でしか見てなかった人たちに「台湾に対しては、実はこういう見方もある」という様に3次元の新しい視点を提示したほうがいいよねということ。2次元アリを批判するより、3次元アリになって先に進みましょうといいたいわけです。

 

www.youtube.com

 

 

■「YOUは何しに台湾へ?」にどう答えるか

 

ここで記事タイトルの話になるわけですが、「台湾企業で働く日本人」として台湾人と交流していると「何で日本からワザワザ台湾に来たの?」という疑問をよく投げかけられます。まさに、テレビ番組「YOUは何しに日本へ?」みたく。日本の現状をあまり知らず、台湾のありように不満を持ってる人なんかは特にこの質問が好きだったりします。

 

ここで「台湾って親日だから」と無邪気に答えても「震災支援感謝、謝謝台湾」と念仏のように唱えても、別にいいとは思いますが、数年単位で台湾に住んできた日本人として、そんな回答では自分自身が納得できない。だから、質問されるたびに「何で自分は台湾が好きなんだろう」と自問したり、他の日本人に話を聞いたりしてきました。

 

正直、台湾に留学したり、移り住んだとしても、最初からそんなに深い理由があるとは限らないわけで、生活したり人と交わっていく中で新たな好きな理由を見つけていくんじゃないかなとも思ったりしてます。

 

こういう自問やヒアリングなどの結果生まれた「YOUは何しに台湾へ?」に対する答えを通じて、自分が感じる「親日以外の台湾の魅力」を紹介し、「台湾に対する新たな視点」を提示できれば…と思います。というわけで、その2に続きます。